I-131

2013年度 I-131(1,110MBq)によ る残存甲状腺破壊(アブレーション)の外来治療における適正使用に関する講習会について

甲状腺癌外来アブレーション実施に際しては、実施施設において、医師および診療放射線技師が各一名適正使用講習を受講することとなっています。
2012年度までは日本核医学会が春季大会にあわせて講習を開催してまいりましたが、2013年度からは、日本アイソトープ協会の主催に変更されることとなり、春季大会での開催はなくなります。
2013年6月あるいは7月に開催予定とのことです。

今後詳細がわかった段階で、適宜、本学会HPにおきましてもアナウンスいたしますが、本講習受講をお考えの皆様におかれましては、今後は日本アイソトープ協会のHP(http://www.jrias.or.jp/index.html)を注視くださいますようお願い申 し上げます。