第46回腫瘍・免疫核医学研究会のご案内

日時:2009年11月14日(土)13:30~16:55      
会場:愛知県産業労働センター5F「小ホール1」      

13:30     開会の辞

13:35~14:35 一般演題

1.「甲状腺癌I-131治療時に胸腺嚢胞への集積を認めた一例」

金沢大学附属病院 核医学診療科 萱野 大樹

2.「I-131 30mCiによる甲状腺分化癌症例の残存甲状腺破壊 ー安全管理法の検討ー」

東京医科大学 放射線科 吉村 真奈

3.「99mTc供給不足は腫瘍関連核医学検査数を減少させたか ― 埼玉県での調査」

さいたま赤十字病院 放射線科 小池 克美

4.「間質性肺炎に合併した肺癌(T1)症例のFDG-PET/CT検査:肺気腫合併症例との比較」

仁泉会MIクリニック 濱田 星紀

5.「下部進行直腸癌術前放射線化学療法の治療効果判定におけるFDG-PET/CTの有用性」

大阪医科大学 放射線科 新保 大樹

14:35~14:55 SNM報告

京都大学大学院 医学研究科 中本 裕士

―――――――――――――――― 休憩(15分) ――――――――――――――――――

15:10~16:00 指名講演Ⅰ

「私のPETのフロンティア:腫瘍から炎症へ、そして心大血管へ」 

国立国際医療センター戸山病院 第3放射線科 窪田 和雄

16:00~16:50 指名講演Ⅱ

「Sr-89による骨転移疼痛コントロールのABC」

松任石川中央病院 PETセンター 横山 邦彦

16:50    閉会の辞

17:00    懇親会(5F「小ホール2」)

* 口演会場内では、携帯電話等の呼出音、各種電子機器等のアラーム音などが鳴らないようにご注意下さい。
* 著作権法・個人情報保護法により、会場内での写真およびビデオ撮影は禁止とさせて頂きます。

第46回腫瘍・免疫核医学研究会プログラム.pdf